ガーデニング

道具をかざすだけで均一な高さを保つ|草取りなら工夫する事で簡単

樹木の剪定は危険な場合も

芝生

庭木は成長しすぎると枝木が隣の家や道路にはみ出して迷惑となります。剪定や伐採は危険が伴うので業者に任せるのが一番です。高齢者は庭の手入れを業者に依頼する人が増えています。農家でも樹木の伐採や防草シートの設置などを業者に委託するところがあります。

Read More

まさに任せて安心です

植物

伐採業者の特徴としては、作業の迅速さや技術の高さ、器具や道具が充実しているところなどが挙げられます。また庭木の伐採業者の人気の秘密に、費用の分かり易さがあります。各業者のホームページをご覧になれば、価格設定がすぐに分かります。もし心配な場合には、伐採業者に事前に相談してみると良いでしょう。

Read More

楽な除草対策

男性

無農薬栽培農家での庭の雑草対策として、作物を密に植える、防草シートを張る、刈り払い機で一気に刈るなどの方法があります。時間と体力を消耗する除草作業を楽に済ませ、作物の手入れに時間と手間を回せる仕組みを用いてみましょう。

Read More

工夫することの必要性

芝刈り機

道具を使い楽に行う

暖かい季節になってくると草が多く生え、草取りが必要になってきます。草取りにはまっとまった時間が必要ですし、長時間なれない姿勢を続けなければいけません。しかし、草取りは工夫次第で楽に行うことも出来ます。例えば、草取り専用の道具を使うという方法があります。道具によっては立ったまま草取りを行うことが出来る道具もあり、腰を痛める心配がありません。また、除草剤を使うという方法もありますが、使用しすぎるとその土地の生命力が奪われてしまいます。一度変わってしまった土地は元に戻るのに数ヶ月はかかります。また、現代は仕事が忙しくてなかなかまとまった時間をとりにくいです。しかし、草取りを楽に行うことが出来る道具は、インターネットなどで簡単に入手することができます。つまり、これからは、草取り用の道具をつかう機会が増える可能性がある、ということです。道具をかざすだけで均一な高さを保って刈り取るでしょう。

草の特徴を理解する

草取りにはさまざまな方法があります。さらに、草の特徴を理解していれば、楽に行うことも出来ます。まず、草を根から抜くことで同じ株から生えてくるのを防ぐことが出来ます。しかし、地面が干上がっていて固ければなかなか根から抜けません。そこで、雨が降った後の水溜りがなくなる頃、土が軟らかくなっているので草が抜けやすくなります。また、雨が降っていなくても水をまくことで土を軟らかくすることも出来ます。次に必ず軍手をつけることです。草のなかには茎にとげがあったりするものがあり長時間の作業で集中力が切れているときはそれらを握ってしまう可能性があります。最後に、草は大きくなってしまうと素手ではなかなか抜けません。しかし草はすぐに大きくなってしまいます。つまり、草が小さいうちから、その存在に気づいたら抜くほうがよいかもしれません。